• トップページ
  • 初めての方へ
  • 当院のお約束
  • 院長紹介
  • 院内ツアー
  • 医院概要
  • アクセス

歯ぐきから血が出る【歯周病】

歯茎が腫れる、血が出る、といった症状はありませんか?

「歯茎が腫れている」「ブラッシングの際、歯から血が出る」といったお悩みはありませんか? もしかしたら、それは歯周病かもしれません。歯周病は、日本人の約8割が感染している、もしくは予備軍と言われているほど多い病気です。「歯周病かも」と思ったら、早めに、広島市東区の歯医者「山本歯科医院」へご来院ください。

歯周病とは

顎の骨や歯茎など歯を支えている組織に炎症が起きることを「歯肉炎」、歯肉炎が進行し顎の骨が溶けてしまうことを「歯周炎」といいます。歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の総称です。歯肉炎の段階では、痛みはほとんどなく、気がついた時には症状が進行していたということも多々あります。少しでも違和感を覚えたら、早めに歯科医院へ相談しましょう。

歯周病の進行段階と治療法

進行状態 状態・症状 治療法

【歯肉炎】

歯茎が赤く腫れ、ブラッシングの際に血が出ます。まだ痛みはありません。 スケーラーという器具を使い、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます。また、一人ひとりのお口にあったブラッシング方法の指導も行います。

【軽度の歯周炎】

歯茎の腫れが悪化し、出血も多くなります。歯茎が下がり、歯周ポケットも深くなります。 歯肉炎と同様、スケーラーを使い、プラークや歯石を取り除きます。またブラッシング指導も同様に行います。

【中度の歯周炎】

歯茎が赤黒く腫れてきます。膿、口臭といった症状も表れてきます。 歯周ポケット奥の炎症を取り除く「歯周ポケットそうは術」を行います。

【重度の歯周炎】

膿、出血などがひどくなり、常に歯茎が痛むようになります。歯を支えている骨が半分以上溶かされてしまうと、歯が抜け落ちてしまうこともあります。 歯肉を切開し、歯石や感染組織を取り除く「歯周外科治療」を行います。

歯周病の影響は全身におよびます

歯周病の悪影響はお口のなかだけに留まりません。以下のような全身疾患とも関わってきます。

  • 糖尿病
  • 糖尿病の方は歯周病になりやすく、歯周病であると糖尿病が進行しやすいといわれています。
  • 心臓病
  • 歯周病菌が血管に入りこむことで血栓ができ、動脈硬化や脳梗塞などを引き起こします。
  • 肺炎
  • 歯周病菌が含まれた唾液が誤って肺に入ってしまうことで肺炎が起こります。
  • 早産
  • 歯周病菌は、陣痛に似た子宮の収縮を引き起こす効果があるため、早産や低体重児出産の危険性が高まります。

山本歯科医院の歯周病検査メニュー

歯周ポケットそうは術 歯周ポケットの内側の歯石や炎症部分を取り除く処置です。炎症を取り除くことで歯周ポケットが清潔になります。
フラップ手術 麻酔した後、歯茎を切開し、歯周ポケット奥にある歯石や感染組織を取り除きます。
GTR法 人工膜によって歯を支えている骨のスペースを確保し、歯周組織の再生を促す、もしくは、確保したスペースに人工骨や患者様自身の骨を移植するといった治療方法です。

PICK UP 院長からのアドバイス「プラークコントロールが大切です」

歯周病を防ぐために重要なのが「プラークコントロール」。つまり、プラークを確実に取り除き、清潔な口腔内にするといことです。プラークコントロールのためには、日々のブラッシングが大切。しかし、残念ながら、それだけではすべてのプラークを取り除くのは困難です。確実なプラークコントロールのためには、歯科医院に行き、専用機器を用いた予防処置を受ける必要があります。予防歯科を受診することにより、より確実に歯周病を防ぐことができます。

当院では歯周病を予防する予防歯科を行っています。歯周病に負けない健康な歯を実現しましょう

このページの先頭へ