• トップページ
  • 初めての方へ
  • 当院のお約束
  • 院長紹介
  • 院内ツアー
  • 医院概要
  • アクセス

重度の虫歯【根管治療】

根管治療で今ある歯を残す

広島市東区の歯医者「山本歯科医院」では、歯の神経まで虫歯菌に感染した歯でも抜歯せず、残すことができる治療法「根管治療」を実施しています。根管はとても細く複雑なつくりになっているため高度な技術が必要です。多くの経験で培った技術を用いて安全・確実な治療を行います。

根管治療とは

根管とは、歯の神経や血管が通っている管のことです。虫歯は進行していくと、虫歯菌が根管まで達し、歯の神経や血管まで虫歯菌に感染してしまいます。そのような状態になったとき、歯を残すために行うのが根管治療です。根管治療では、虫歯菌に感染した血管や神経を取り除き、洗浄・消毒し、被せ物を被せます。この治療により、抜歯せず、今ある歯を残すことができるのです。

根管治療の種類

当院では、3種類の根管治療を行っています。患者様のお口の状態に合わせて適した治療を実施します。

治療名 治療内容 適応するケース
抜髄 神経や血管を取り除き洗浄・消毒。その後、根管内に薬剤を詰め被せ物を被せます。 ・虫歯が悪化して神経に達した場合
・なんらかの理由により神経が死んでしまった場合
根管治療(感染症) 以前詰めた薬剤を除去してから、抜髄と同様に洗浄・消毒を行います。
※こちらは保険適応となります
顎の骨に異常が起きた場合、歯の根の先端に膿の袋ができる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」になった場合など以前、根管治療をした箇所に不具合がでたケースで行います。
根管治療(外科的処置) 根管治療(感染症)を行い、根尖病巣の縮小を図り、外科的に根尖病巣を一つずつ取り除いてから、外科的病巣除去治療を行います。
※こちらは保険適応となります
根管治療(感染症)をしても根尖病巣が小さくならなかった場合

※根尖病巣とは歯の先端付近にできる病気の総称です。

根管治療(抜髄治療)の流れ

虫歯菌に感染した歯の神経や血管を取り除きます。

専用の測定器具を使い、根管の深さを測ります。
また、感染した物質を最新の特殊な装置とチタンニッケルの特殊な器具で取り除きます。

※保険の中で取り入れています。

根管治療用超音波洗浄機やハードレーザーによる消毒を駆使し、根管内部を洗浄します。

薬剤を充填します。根管の先まで隙間がないように入れたら、密封します。

被せ物の土台になる部分を構築します。

土台の上に被せ物を装着し治療完了です。

PICK UP 院長からのアドバイス「根管治療は治療後も大切です」

神経を取り除いた歯は、健康な歯と比べてもろくなっています。きちんとしたメインテナンスを怠ると、虫歯が再発したり、歯周病に感染したりしてしまいます。根管治療をした歯の健康を維持するためには、日々のブラッシング加え、歯科医院によるケアが必要です。いつまでも健康な歯でいるために治療後も、定期的に歯科医院に通いましょう。

当院では予防歯科を行っています虫歯の再発を防ぎ健康な維持しましょう

このページの先頭へ